2017年5月 月商100万円まで回復


幅魔王は2016年10月に脱サラして以降、物販ビジネスが好調で2017年1月には初めて月商300万円を突破した。しかし、2月に売れ筋商品のモデルチェンジがあり、売上が激減してしまった。それでもOEM商品の販売を開始したこともあり、2017年5月にはようやく月商100万円まで売上が回復してきた。

売れ筋商品のモデルチェンジで売上が激減

幅魔王は2013年7月よりGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始し、2016年10月に脱サラして物販ビジネスを専業としてやるようになった。

脱サラすると会社からの安定収入がなくなるため、資金繰りに苦しむことを懸念していた。しかし、その懸念とは裏腹に物販ビジネスは好調で、脱サラしてから3か月経過した2017年1月には初めて月商300万円に到達した。

しかし、2017年2月の旧正月明けに売れ筋商品の仕入れ依頼をしたところ、モデルチェンジがあったとの連絡が入った。

そのため、仕入れが1か月以上滞ってしまい、売上が激減してしまった。

2017年3月には仕入れを再開できたが、レビューや販売実績がないため、かつての売上を取り戻すには時間がかかりそうな状況である。

2017年5月 月商100万円まで回復

売れ筋商品のモデルチェンジがあり、仕入れを再開した後も売上が低迷している中で2017年4月からOEM商品の販売も並行して開始した。

モデルチェンジ後の売れ筋商品はかつて売れていた商品の後継モデルなのでレビューや販売実績がないと言えどもある程度売れる見通しはついていた。

一方で、OEM商品はまったくの新商品として販売をスタートしたため、仕入れたはいいものの全く売れないことが懸念された。

しかし、FBA倉庫に納入された次の日にOEM商品の注文が早速1個入った。しかも、広告もレビューも全くない状態である。

その後もOEM商品は順調に売れ続け、価格を何度か上げたが1か月半でOEM商品は完売となった。

売れ筋商品のモデルチェンジがあり、2017年3月、4月と売上が激減したが、2017年5月はようやく月商100万円まで売上が回復してきた。

2016年6月以降はOEM商品のラインナップをさらに増やしていく予定なので、できるだけ早く月商300万円の水準まで回復させていきたいところである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める