不本意に再就職しても再度脱サラを目指す


幅魔王が2016年10月に脱サラしてから半年以上が経過した。脱サラした時に最も不安なのが金銭面である。もし、貯金が尽きそうになった場合どうすればいいのか?さすがに餓死するくらいならば再就職するだろう。しかし、再就職したところで懲りずに脱サラを目指すことは間違いない。

不本意に再就職しても再度脱サラを目指す

幅魔王は2016年10月に10年近く勤務した大手企業を退職し、脱サラした。

脱サラしたことによって自由の身を手に入れたわけであるが、同時に会社からの安定収入を失った。

脱サラして最初の4か月は退職金の受領と物販ビジネスの好調もあり、資産が増加した。しかし、物販ビジネスで扱っている商材が急きょモデルチェンジし、Amazonで認知されるまで時間がかかるため、2017年3月以降、売上が減少している。

このまま以前の売上を取り戻せなかったら徐々に貯金が減っていく。もし、貯金が底をつきそうになったらどうすればいいのか?

さすがに餓死を選ぶくらいならば再就職を選ぶであろう。しかし、再就職したところで、再び脱サラを目指すことは間違いない。

一度脱サラしたことがある人間であれば、会社員生活というのがいかに苦痛で異常で理不尽なものかがよくわかる。再就職したところで、会社員からの苦痛からの早期脱却を試みることは当然であろう。

物販ビジネスでの収入を補完できる仕事であればよい

一度脱サラしてしまうと再就職は難しいのではないだろうか?

確かに脱サラしてからの期間が長くなればなるほど空白期間が長くなり、採用する側に対する印象も悪くなる。脱サラして成功したのならばまだしも失敗した人間を採りたくはないであろう。

しかし、それは高収入という条件の下での話である。収入を選ばなければいくらでも再就職先はある。正規雇用にこだわる必要はない。むしろ再度脱サラを目指すのであれば非正規雇用のほうが都合がいいかもしれない。

というのも再度脱サラを目指すのであれば、当然のことながら副業ができることが前提条件である。給料は少なくてもいいから勤務時間は少ないほうがいい。パートでもよい。在宅勤務であればなおよい。残業などもってのほかである。

再就職したところで前職並みの給料を稼ぎ出す必要はない。貯金が底を尽きないようにしつつも物販ビジネスを立て直すことができれば足りるのである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める