ほとんど収穫なしのイーウーツアーから3年半

Pocket

幅魔王は脱サラしてから半年経過した2017年4月に脱サラして以降初めて海外に行った。目的は物販ビジネスのためであるが、非常に大きな収穫があった。

ほとんど収穫なしのイーウーツアー

幅魔王は2013年5月にGBC(現VBC)の会員となり、2013年7月から物販ビジネスを開始した。

GBCには入会特典として中国イーウーへの買い付けツアーというものがあった。幅魔王も2013年11月にそのイーウーツアーへ参加した。

しかし、そのイーウーツアーはほとんど収穫のないもので終わってしまった。

確かにイーウーの巨大市場を見ることによって、商品が非常に安い値段で取引されているというのがよくわかった。

しかし、物販を始めてまだ半年も経っていなかったので、何がよく売れるかというのがよくわかっていなかった。そして、仮に商品を仕入れたとしても売れる保証もないため、在庫の山になることが見え見えであった。さらには、イーウーツアーは商品を仕入れた後にどのような販売ルートでどのように販売するかというサポートが全くないものであった。

そういうわけで、イーウーツアーで見た商品は結局仕入れることはなく、イーウーツアーほとんど収穫なしで終わってしまった。

非常に大きな収穫のあった香港展示会

イーウーツアーから3年半経過した2017年4月に幅魔王は物販の仕入れを目的として香港を訪問した。

今回の香港の展示会に行くきっかけとなったのはAmazonの販売ページへのメッセージであった。カナダAmazonの販売ページに中国のメーカーから「自社の製品を販売してほしい」というメッセージが入ったのである。そして、香港の展示会で会う流れとなった。

Amazonにメッセージを送ってくれた中国のメーカーの商品は非常に品質が高く、英語のマニュアルも完備されており、英語圏での販売も問題ないものであった。

そして、最小ロットなども少ないロットでテスト販売させてくれ、販売ページの作成もサポートしてくれるとのことで融通が利くメーカーであった。さらには価格競争が起きないために独占販売権を授与してくれるとのことである。

価格競争や競合による商標権攻撃など、Amazonでの販売は単純転売だけでは厳しい状況となりつつある。

幅魔王は香港の展示会訪問をきっかけにこのメーカーの商品を独占的に販売するため動き始めている。

香港の展示会訪問の3年半前に行ったイーウーツアーほとんど収穫がなかったが、今回の香港訪問は非常に大きな収穫があったと言える。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める