脱サラして初めての海外は香港


幅魔王は2016年10月に脱サラして以降、2017年4月に初めて行った海外は香港であった。香港に行ったのは脱サラ旅行ではなく、物販ビジネスのためであった。

脱サラして初めての海外は香港

幅魔王は2016年10月に10年近く勤務した大手企業を退職し、脱サラした。

退職前に同僚から退職金で脱サラ旅行に行くことを薦められたが、結局脱サラ旅行に行く気は起きなかった。

旅行というのはサラリーマン生活からの現実逃避のために行くという意味合いが強いため、脱サラするともはや旅行に行く意味が薄れるからである。さらに、できるだけ出費を抑えて貯金が減るのを避けたいという思いも強かった。

そのため、脱サラしてから半年近く一度も海外はおろか国内旅行もしていなかったが、2017年4月に急きょ香港に行く用事ができた。

というのも物販ビジネスをしていて、Amazonの販売ページ宛に中国の会社からメッセージが入ったからである。

メッセージの内容は
・自社の商品を独占的に販売できます。
・香港で開催される展示会に来てください。
というものであった。

悪そうな人ではなかったため、VBCのメンバーと共にとりあえず香港の展示会に行くことにした。

物販ビジネスのOEMをさらに加速

VBCでは2017年からOEM商品のサポートを開始した。幅魔王もこれを活用し、2017年からOEM商品の強化を図っている。

というのも単純転売で大きな利益を上げていた商品の一部が商標権攻撃にあったからである。幸いなことにアカウント自体は停止にならなかったが、商標権攻撃に対する対策の必要性に迫られることになった。

単純転売の場合、常に商標権攻撃のリスクを負うことになる。特にAmazonは、疑わしきを罰するやり方なので、競合による嫌がらせでもアカウント停止のリスクがある。

これからの物販はメーカーから独占販売権を得て独自商品をOEM販売することを主軸に置いたほうがいいであろう。

今回の香港の展示会でも招待を受けたメーカーをはじめとして、様々なメーカーと話をした。今後ますますOEM商品の強化を図っていきたいところである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める