資産が増えている実感がないサヤ取り


幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を開始した。サヤ取りは売りと買いをペアで取引するので、リスクが非常に低い投資手法といえる。一方で、リスクが低い一方であまり資産が増えている実感もない。しかし、トータルで中長期的に見るとサヤ取りは着実に資産を増やし続けることができる投資手法といえる。

最初はサヤが拡大し、1か月経過するとサヤが急激に閉じるペアが多い

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を開始した。

サヤ取りとは、相関の高い2つの銘柄を抽出し、相対的に高い銘柄を空売りし、相対的に安い銘柄を買う投資手法である。

これまで1年近くサヤ取りを実践し、最もリスクを抑えたうえで利益を最適化できるルールを確立してきた。

サヤ取りをやっているとわかるのは最初の1か月はサヤが開いて、1か月経過してから急激にサヤが閉じるペアが多いということである。

すべてのペアにこのような傾向があるわけではない。しかし、仕掛けてから1か月間は含み損を抱えるペアが多いので、「サヤ取りは間違った投資手法である」と思ってすぐに撤退してしまう人が多いように思える。

資産が増えている実感がないサヤ取り

このようにサヤ取りをやると、最初の1か月間はサヤが拡大し、1か月が経過して以降サヤが閉じるペアが多い。

つまり、仕掛けてから間もないペアは含み損を抱えており、仕掛けてから1か月以上日数が経過したペアは徐々に含み益に転じ、含み益が増え始めている。

トータルで見ると、サヤ取りを始めた当初は含み損を抱えて、その含み損が大きくなる。しかし、日数が経過すると徐々に含み損は減り始める。

そして、2か月経過したペアを決済すると実益は出るが、保有しているペアの含み益は減ってしまう。場合によっては再び含み損に転じることも多い。

このようにサヤ取りをやっていると、着実に実益は得られるが、保有しているペアがトータルで含み損となっていることが多い。

そのため、資産が増えている実感があまりないことが多い。しかし、含み損をいくら抱えていてもそれは幻である。決済することによってはじめて利益・損失は確定する。サヤ取りは資産が増えている実感があまりない取引手法であるが、着実に実益を増やすことができる手法といえる。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める