最近はペアでしか株価をチェックしていない

Pocket

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を実践している。サヤ取り投資は売りと買いをペアで取引する投資手法である。相場全体が上下すると売りと買いの一方がプラスになって他方がマイナスになるケースが多い。そうなると含み益が出たほうだけ決済して含み損が出たほうだけ保有しておきたくなってしまう。

どうしても片方だけ決済したくなるサヤ取り

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を実践している。

サヤ取り投資とは、相関の高い2つの銘柄を抽出し、相対的に高い銘柄を空売りし、相対的に安い銘柄を買う投資手法である。当然のことながら手仕舞いをするときは買いと売りを同時に決済する。

しかし、サヤ取りを始めた当初は欲に負けて一方だけ決済して他方を保有していたことがよくあった。

というのもサヤ取りというのは相場が大きく動けば動くほど買いと売りのうち一方がプラスになって他方がマイナスになるというケースが多くなる。

そうなると含み益が出ているほうを早めに決済し、含み損が出ているほうを決済せずに保有し、しばらくたって含み損が出ているほうを決済したほうが利益が出るのではないかと考えてしまう。

例えば、大暴落が起きたときに空売りだけ決済し、買いは保有しておき、少し株価が反発するのを待ってから買いを決済すると利益が大きくなると考えてしまう。

サヤ取りを始めた当初はどうしても買いと売りを切り離して決済したくなってしまう。

最近はペアでしか株価をチェックしていない

しかし、買いと売りを切り離して決済するとサヤ取りの本質であるリスクヘッジができなくなる。

例えば、大暴落が起きて売りだけ決済してそのあと株価が反発すれば問題ない。しかし、必ずしもそうとは限らない。大暴落が起きたと思ったらさらに株価が暴落することもよくあるし、暴落した後に株価が膠着してしまうこともよくある。

そうなると買い銘柄は塩づいてしまい、大きな含み損を抱えてしまうことになる。そうなると売買両建てをしてリスクヘッジをした意味がなくなってしまう。

欲に負けて売りと買いを切り離さないために最近はペアでしか株価を見ていない。1つ1つの株の利益と損失はチェックせずに楽天スプレッドシートを使って、ペアで利益と損失がどうなったかをチェックしている。

こうすることにより、個々の株の利益には興味がなくなるので、売りと買いを切り離して決済したいという欲求がなくなる。

自分で決めたルールを決めて長期にわたって実行すれば着実に利益が積み重なっていくのがサヤ取りの特徴である。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める