仮に1つの銘柄が1日で0円になってもリスクは-15%

Pocket

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を開始した。サヤ取り投資は非常にリスクの少ない投資手法である。最悪に近い状態を想定しても自分の資産を15%失うだけである。

すべて損切ラインに到達しても-15%

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を開始した。サヤ取り投資は非常にリスクの少ない投資手法と言われている。

そのサヤ取り投資のリスクというものを試算してみた。

サヤ取りは相関の高い2つの銘柄を抽出し、サヤが開いたときに相対的に高い銘柄を空売りし、相対的に安い銘柄を買う投資手法である。

相場全体が大暴落しようが大暴騰しようが空売りと買いを同時に仕掛けているので、トータルで大きな損失にならないことは明らかである。

とは言え、仕掛けたときよりもさらにサヤが開くペアも当然のことながら出てくる。このときはサヤが際限なく開き、損失が拡大するのを防止するため、損切ラインを設定する。損切ラインは一般的には仕掛け金額の5%くらいに設定するのが妥当である。

通常の場合は損切ラインに到達する前にサヤが閉じるケースが多い。しかし、仕掛けた銘柄がすべて損切ラインに到達するという最悪の想定をしてみる。

サヤ取りは信用取引をするので、保証金の約3倍までレバレッジをかけられる。そのため、仕掛けたすべての銘柄が損切ラインに到達したと仮定すると損失は-15%となる。

まずありえないレベルでの最悪の想定をしても資産が15%減るだけで済むのがサヤ取りの特徴である。

仮に1つの銘柄1日で0円になってもリスクは-15%

サヤ取りはデイトレのように1日中相場に張り付かなくてもよい投資手法である。つまり、終値を見て取引をすれば事足りる。

利確・損切ラインを超えたのも終値で判断することになる。となると、終値で損切ラインを大きく超えてしまうということも考えられる。そうした場合は損失が-15%では済まないのではないだろうか?

確かにすべての銘柄が損切ラインに到達したという想定では終値で大きく損切ラインを超えるということを想定していない。

では、1つの銘柄に関して、損切ラインを大きく超えてしまった場合の損失を想定してみる。

サヤ取りの特徴は10ペア位同時に仕掛けることにある。これによっても大きくリスクヘッジができる。仮に10ペアのうち1ペアのサヤが際限なく開いても全体としてはそれほど大きな損失にはならない。

例えば、10ペアのうち1ペアの買いが1日で上場廃止になり、0円になったとする。このようなことはまずありえないが、限りなく最悪に近い想定をしてみる。

10ペアのうち1ペアで、サヤ取りは売買を同時に建てるので、該当する銘柄の建代金は全体の20分の1、つまり5%である。信用取引のレバレッジを3倍かけていたとしても、損失は15%である。

株取引をやっていて買い銘柄が上場廃止になるのはもはや最悪に近い状況である。しかし、サヤ取りの場合、買い銘柄が1つ上場廃止になっても自分の資産を15%失うだけである。

2つのパターンでほぼあり得ないくらい最悪に近い想定をしてみたがこれでも自分の資産を15%失うだけである。サヤ取り投資がいかにリスクの低い投資であるかということがわかるであろう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める