前職の部署が会社から切り離されるという噂

Pocket

先日前の職場の同僚とゴルフに行ったときに前の職場の状況の話をした。2017年度になってやはり大きな組織改編があったらしい。そして、部署が大きく2つに分かれ、そのうち1つは会社から切り離されるといううわさが出ているとのことである。

前職の部署が会社から切り離されるという噂

3月の後半に前職の元同僚とゴルフに行く機会があった。

ゴルフには4人で行ったが、自分を含めて4人中3人既に会社を退職している。1人だけ会社に残っていたので、人事が決まった後ということもあり、人事の話で盛り上がった。

そして、会社に残っていた元同僚曰く、どうやら大きな組織改編があり、部署が2つに分離したらしい。そのうち1つの部署は会社から切り離されるという噂が出ているとのことである。

幅魔王が脱サラを意識して本格的に動き始めたのは2013年であるが、その2013年から幅魔王が所属していた部署は崩壊する前兆があった。

2013年4月の人事で職場の50代以上で役職についていない人がことごとくグループ会社や取引先に左遷されたのである。

参考記事:2013年に50代の担当者が次々と左遷

そして、ついには前部長まで取引先に左遷された。

参考記事:前部長ですら取引先に左遷

このまま会社に残っていたとしても部署が危ないと思っていたが、部署の崩壊が現実のものとなろうとしている。

脱サラせずとも会社を辞めてよかったのは変わりない

幅魔王の前職の部署は2012年までは50代の担当者が多くいて、部下のいない課長相当職の人が悠々自適に仕事をしていたのが印象的であった。楽しそうに仕事をしている50代を見て幅魔王も定年までこの職場にいたいと考えていた。

しかし、2013年から雲行きが変わり、50代の同僚が次々と左遷されるようになった。左遷先では長い通勤時間となれない仕事に苦労しているという話をちらほら聞く。

50代の社員の一部が左遷されるならまだしも部署自体が会社から切り離されるとなると他人事ではない。

大手企業に入社して大手企業の恩恵を受けていた人も少しずつそれを受けられなくなる。

大手会社から切り離されて大手企業の完全子会社であればまだよいが、今後身売りされることになれば、さらに状況は悪化する。

2016年に脱サラという選択が正しかったかは今後次第ではあるが、少なくとも前職に残っていていいことはなかったであろう。前職を辞めたという選択は間違いなく正しかったといえる。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める