2か月待てない人はサヤ取りに向いていない


幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を実践している。サヤ取り投資を始めて1年以上が経過した。どうやらサヤ取りは最初の1か月は含み損を抱え、1か月を経過すると徐々に含み益に転じていく銘柄が多い。

最初はサヤが開いて1カ月経過するとサヤが閉じ始める

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を実践している。

サヤ取り投資とは、相関の高い2つの銘柄を抽出し、サヤが開いたときに相対的に上がった銘柄を空売りし、下がった銘柄を買う投資手法である。サヤが閉じれば閉じた分だけ利益になり、サヤがさらに開くと開いた分だけ損失になる。

サヤ取りは買いと空売りを同時にかけているため、 相場全体が大暴落しようが大暴騰しようがトータルで見ると大きな影響はない投資手法といえる。

相関の高い銘柄を抽出しているため、中にはさらにサヤが開く銘柄もある。しかし、多くの銘柄を立てていくとトータルではサヤが閉じる銘柄のほうが多くなる。

とは言え、仕掛け中のペアのトータルの含み損が大きくなることも多い。というのも、サヤ取りは仕掛けてから目標とする利益を得ることができるまでそれなりの時間がかかることが多い。

1年間サヤ取りをやってきたが、仕掛けてから最初の1か月はさらにサヤが開き、1か月経過してからサヤが閉じ初め、2か月後に目標としていた利益を得られるというペアが多かった。

2か月待てない人はサヤ取りに向いていない

株式投資は一般的にギャンブル的なイメージが強く、相場の動きを読んでその日に利益を出すというイメージが強い。

一方でサヤ取りはその日のうちに利益を出せることは少ない。出せたとしても片張りに比べて金額は非常に小さい。それどころか、短期的には含み損を抱えるケースが多い。

短期的に含み損を抱えているペアが多くなるとすぐに「サヤ取りは間違った投資手法だ」と考えて辞めてしまう人も多いかもしれない。

しかし、利確ライン、損切ラインを設定し、その間にある銘柄であれば2か月はペアを保有して検証してみると面白い。

最初は含み損を抱えていた銘柄も1か月を経過すると含み益に転ずるといったことがよく起きる。

逆に言うと2か月待って検証できないような短気な人はサヤ取りには向いていないということが言える。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める