上司や先輩と2人だけで行くの出張が苦痛

Pocket

会社員時代は毎日の仕事が苦痛の連続であった。仕事以外にも飲み会が苦痛であった。そして、意外に苦痛だったのが上司や先輩と2人だけで行くの出張である。長時間2人だけで気まずい時間を共有しなければならないほどの苦痛はそうはない。

脱サラして地獄のような苦痛から解放

幅魔王は2016年10月に10年近く勤務した大手企業を退職し、脱サラした。

脱サラすることによって会社からの安定収入という非常に大きなものを失った。しかし、それに比べて得られたものは限りなく大きい。

特に大きいのは毎日の苦痛からの解放である。

会社に勤務していると毎日地獄のような苦痛を味わなくてはならない。

・毎日決まった時間に起きて職場に行かなくてはならない
・上司や取引先に怒られないか気を使わなくてはならない
・半年に1回望まない人事異動に怯えなくてはならない
・ほぼ強制参加に近い飲み会や会社の行事に参加しなくてはならない

こういった苦痛から解放されるというのはこの上ない幸せである。

上司や先輩と2人だけで行くの出張が苦痛

会社生活の中で意外に大きい苦痛と言うのが気を遣う上司や先輩との出張であった。

幅魔王が以前勤務していた会社は出張が多かった。1人で行く出張の移動時間は気楽であった。しかし、上司や先輩と2人だけで行く出張は非常に苦痛であった。

知っている場所であれば行きは別々に行くことが多かった。しかし、帰りは上司や先輩と2人だけになることが多く、その時間が特に苦痛だった。

上司や先輩の面倒な会話に相槌を打たなければならないか、会話のない気まずい時間を耐えなければならないかの二択だった。

「寄り道します」と言って次の電車に乗ったり、電車に乗っても離れた席に座ったりといった逃げ道もあった。しかし、そういうことをすれば、上司や先輩をあからさまに避けていることになり、かえって今後が気まずい。

上司や先輩と2人だけで行くの出張というのはその帰りが仕事以上に気が重かった。

脱サラして上司や先輩と2人だけで行くの出張から解放された。万一貯金が尽きそうになって再就職が必要になっても上司や先輩と2人だけで行くの出張がある職場には行きたくないものだ。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める