再就職するにしても在宅勤務の仕事にする


2016年10月に大手企業を脱サラして半年近くが経過した。脱サラすると安定収入を失うが、今のところ再就職は考えていない。仮に貯金が尽きそうになって再就職が必要だとしても在宅勤務の職種にするであろう。

今のところ再就職は考えていない

幅魔王は2016年10月に大手企業を脱サラし、半年近くが経過した。

脱サラすると当然のことながら会社からの安定収入を失う。

幅魔王は在職中からVBCを活用した物販ビジネスを継続しており、ある程度の収入を見込める状態で脱サラした。

さらには毎月配当型投資信託や株のサヤ取り投資をやっており、収入源の分散化も図りつつある。

実際に脱サラしてから2017年2月まで4か月連続で資産が増加した。

しかし、2017年2月に物販ビジネスで販売している商品のモデルチェンジがあり、仕入れが滞ってしまった。2017年3月は売上が大幅に減少した。

2017年4月以降はこれまでの商品に加えてOEM商品の販売も予定しているが、今後もこれまで通りの売上が見込めるかは未知数と言える。

しかし、そうは言っても今のところ再就職は考えていない。

再就職するにしても在宅勤務の仕事にする

とは言え、新商品が思ったように売れなかったり、Amazonのアカウントが停止になるなどして今後半年以上無収入に近い状態が続いたら再就職を考えざるを得なくなる。

万一再就職せざるを得ない状況になったとしても幅魔王は在宅勤務の仕事にしようと考えている。

在宅勤務でそれなりに稼げる仕事として翻訳とプログラミングがある。両方ともそれなりの専門知識が必要ではあるが、前職の経験が活かせそうなほうを選べばいい。

在宅勤務の職種は当然のことながら大きく稼ぐことは難しい。しかし、幅魔王の場合、物販ビジネスや投資で足りない分の収入を補完する程度だけ稼げればよい。

以前のように普通に会社に再就職して働く必要などない。もしそうしたら脱サラした意味がなくなってしまう。

今のところ再就職は考えていないが、仮に再就職が必要な状況に追い込まれても在宅勤務の仕事を選択するであろう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める