ネタが思いついてから公開されるまで1か月以上


本ブログは記事のネタが思いついてから執筆して公開されるまで1か月以上のタイムラグがある。もちろんタイムリーに公開しないといけないネタは書いたその日に公開するが、それ以外の場合はネタが思いついてから公開されるまで1か月以上タイムラグがある。

ネタが思いついてから公開されるまで1か月以上

本ブログは記事のネタが思いついてから執筆して公開されるまで1か月以上のタイムラグがある。

年末年始の挨拶のようなタイムリーに公開しないといけないようなネタはその日に書いてその日に公開するがそうでない場合はネタが思いついてから公開されるまで1か月以上かかっている。

なぜそのようなことをするのか?

ブログを継続して執筆している人であればわかるかもしれないが、むしろそういう人のほうが多いのかもしれない。

というかそうしないとブログを毎日更新し続けるのは難しいと考えている。

ネタと記事をストックしたほうが心理的負担が少ない

ネタを思いついてから公開されるまでのタイムラグが1か月以上ある理由について公開する。

ネタと記事をそれぞれストックしているからである。

まずネタが思いついたらタイトルだけエバーノートに保存する。そして、エバーノートを見ながら古いネタから順番に記事にしていく。

記事を書けない日もあるかもしれないので、1日2記事書いても公開するのは1記事だけにし、20記事くらいストックしておく。

そうすることで、毎日ブログを書いてもネタが尽きないようになる。そして、記事を書こうとPCに向かったときにネタがないと焦ることもなくなる。そうなると心理的負担も軽くなる。

ブログを書こうと思っても続かない人はおそらくネタを見つける作業と記事を書く作業を同時に行っている。そして、記事やネタをストックしていない。

ネタと記事をストックすることによってブログ執筆に対する心理的負担を減らし、毎日更新し続けることができる。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める