仕事を押し付けられたくないから忙しいふりをするのはわかるが


幅魔王が2016年10月に脱サラした後に元同僚と会う機会があった。幅魔王は脱サラしたことによって暇になったが、元同僚はものすごく忙しいことをアピールしていた。本当に忙しいのであればわかるが、まるで忙しいことを自慢しているようであった。

脱サラすると異常なほど暇になる

幅魔王は2016年10月に10年近く勤務した大手企業を退職し、脱サラした。

脱サラした後は、2013年7月より継続していた物販ビジネスを専業としてやるようになった。

脱サラしてビジネスを自分でやっても忙しいというのが世間一般の感覚かもしれない。

しかし、幅魔王は脱サラする前に3年以上物販ビジネスをやっており、既に軌道に乗っていたので、特別新しいことをするわけでもなかった。

さらに、物販ビジネスというのは梱包・発注業務を外注してしまうとあまりやることがない。在庫を確認しながら月数回仕入れの指示を出すことくらいである。

脱サラした後元同僚に会う機会が何度かあったが、忙しそうにしている同僚と脱サラしてものすごく暇になった幅魔王は好対照であるとよく言われた。

仕事を押し付けられたくないから忙しいふりをするのはわかるが

会社員が脱サラした人に比べて比較にならないほど忙しいというのはよくわかる。しかし、忙しいことを執拗にアピールする人の気持ちはよくわからない。

会社員時代に上司や一緒に仕事をしている人に対して暇そうな態度を見せていると、仕事をまじめにやっていないように見えたり、新たに仕事を押し付けられたりする。だから職場で忙しいふりをするのはよくわかる。

しかし、職場外で執拗に忙しいことをアピールするのは何の意味があるのだろうか?

忙しい=仕事ができてかっこいい とでも思っているのだろうか?

脱サラした幅魔王から見れば、仕事を多く押し付けられた場合は別として、忙しいというのは仕事を処理する能力が遅いことにしか見えない。

仕事を押し付けられないために忙しいアピールをするのであれば意味はわかるが、職場外で忙しいアピールをする人の神経はよくわからない。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める