原油とアービトラージで多大な損失を出したメンバーもいた


100億円不動産王俱楽部が崩壊に向かっている。幅魔王は2013年に入会したが、どうやら幅魔王が入会する前に原油案件とアービトラージ案件で100億円不動産王俱楽部のメンバーは多大な損失を出していたらしい。

失敗案件ばかりの100億円不動産王俱楽部

幅魔王は脱サラをするための資産を構築するため、2013年に100億円不動産王俱楽部に入会した。

100億円不動産王俱楽部は、ビジネスで原資を稼ぎ、海外不動産を中心とした投資で100億円の資産を築くことを目的として発足した組織であった。

しかし、幅魔王が実際に100億円不動産王俱楽部で薦められたタイ・アユタヤの物件をはじめ100億円不動産王俱楽部で紹介された案件は大きな収益を上げられない失敗案件が多かった。

そして、100億円不動産王俱楽部は2014年の途中からほとんど活動がなくなってしまった。

2016年の年末に100億円不動産王俱楽部の事務局が消滅するという連絡があった。100億円不動産王俱楽部の入会金や失敗案件の埋め合わせは100億円不動産王俱楽部の100億円不動産王ことチャーリータカ氏が引き受けるとのことであった。

これに対しては多くのメンバーが実際に返金がなされるのか疑問に思っているようであった。幅魔王と同様にタイ・アユタヤの不動産は買取保証がなされるのかという疑問を投げかけた人もいた。

このように100億円不動産王倶楽部は活動がなされなくなっただけでなく、失敗案件ばかりであったというのが現実であった。

原油とアービトラージで多大な損失を出したメンバーもいた

幅魔王が100億円不動産王俱楽部を通して参加した投資案件はマレーシア・ジョホールバルとタイ・アユタヤの不動産である。

マレーシア・ジョホールバルの不動産はこれから引き渡しが開始になるので、蓋を開けてみないとわからないが、タイ・アユタヤの不動産は明らかに稼働率が低い状態であり、現段階では失敗案件と言える。

しかし、タイ・アユタヤの物件も10年後には100%近い稼働率でまわっているかもしれないし、少なくとも建物は建設されており、詐欺物件ではない。

100億円不動産王俱楽部は失敗案件ばかり紹介するものの詐欺ではないと思っていた。しかし、幅魔王が入会する前にどうやら詐欺案件が2つほど紹介されたらしい。

原油投資とアービトラージという案件があったらしい。これらは100億円不動産王俱楽部自体が詐欺を働いたわけではないが、100億円不動産王俱楽部がこれらの案件の主催者に騙される形で、多くのメンバーが損失を出したらしい。

幅魔王は原油投資とアービトラージの一件があった後に入会したため、これらの案件の詳細はよく知らない。しかし、もし詳細を知っていたら100億円不動産王俱楽部には入会しなかったかもしれない。

しかし、一方で100億円不動産王俱楽部では大きな成功を上げた案件もある。GBC(現VBC)である。GBCはチャーリータカ氏と100億円不動産王俱楽部のメンバーが創設した組織で、物販ビジネスをサポートする組織である。幅魔王はこれを活用して大きな収益を上げられるようになり、脱サラするに至った。このGBCだけは大成功と言えるし、100億円不動産王俱楽部を知らなければGBCには巡り合えなかったであろう。

失敗案件が多い100億円不動産王俱楽部であるが、GBCに巡り合ったという意味では入会して政界であったと言える。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める