アユタヤ物件で100億円不動産王俱楽部の会費は余裕で賄えたらしい

Pocket

幅魔王が2013年に入会した100億円不動産王俱楽部が大変なことになっている。紹介してきた案件が失敗案件ばかりで2014年以降ほとんど活動がなされず、会員の不満は募る一方であった。そのような中で2016年年末に100億円不動産王俱楽部の事務局が消滅するというメールが届いた。

100億円不動産王俱楽部の運営事務局が消滅

幅魔王は脱サラを目指すべく2013年に100億円不動産王俱楽部に入会した。

100億円不動産王倶楽部はビジネスで原資を稼ぎ、海外不動産投資などで100億円の資産を構築することを目指して発足した組織であった。

しかし、100億円不動産王倶楽部で紹介される案件は失敗案件ばかりで、幅魔王が大成功を収めた物販関係のGBCを除いては大きく成功した案件というのはほぼなかったであろう。

そして、2014年の途中から100億円不動産王俱楽部としての活動がほとんどなくなってしまい、セミナーや案件の紹介がほとんどなされなくなってしまった。

そのような中で2016年の年末に100億円不動産王俱楽部の事務局が消滅するというメールが届いた。そして、今後100億円不動産王俱楽部の運営は100億円不動産王ことチャーリータカ氏1人で行うということが表明された。運営と言ってもこれまでの失敗案件の保証や会費の返金保証がほとんどである。

アユタヤ物件で会費は余裕で賄えたらしい

運営事務局が消滅するという通知に対しては多くのメンバーが不満を漏らしている。特に100億円不動産王俱楽部の運営に携わってきたメンバーが何の言葉もなく突然消えてしまうことに対して、「何か言葉はないのでしょうか?」とか「運営事務局が消滅する経緯について教えてください」といった声が非常に多かった。

そして、それ以上に失敗案件の保証や返金保証に関する不安や不満の声も多かった。

その中で幅魔王が購入したアユタヤ物件の買取保証の話も出てきた。特に過去の100億円不動産王俱楽部のメルマガが引用されていたのが印象的であった。

> この案件単体でも、
> 受講費用の36万円が、
> 間接的に簡単に戻ってきてしまうことになりますね。
>
>
> (※受講費用36万円、
>  10年後の全額返金保証の約束はそのまま生きてます。
>
>  僕たち運営メンバー3人はまだ、
>  一円足りとも利益を確定させていません。
>
>  10年後・・・さんが完全に納得するまで、
>  「100億」の活動は完全にボランティア活動なのです!
>
>  運営事務局のメンバーの給料・経費モロモロでさえ、
>  僕の個人的な投資からの配当より捻出している程です。)

100億円不動産王俱楽部の会費の36万円どころかアユタヤ物件は今のところ管理費すら回収できておらず、無料で購入したとしても損失が出ている。36万円のどこがアユタヤ物件によって簡単に戻ってくるのだろうか?説明してほしいものである。

そして、そもそも100億円不動産王俱楽部の36万円の返金はなされるのだろうか?今後の動向を注目していきたい。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める