2日連続で日商3千ドルで月商2万ドル突破

Pocket

脱サラした後恐ろしいほどに物販ビジネスが好調である。2016年12月にはアメリカで2日連続で日商3千ドルを突破し、初めて月商2万ドルを突破した。

脱サラ前に売上が減少

幅魔王は2013年7月にVBCの会員となり、物販ビジネスを開始した。

2014年12月から売上が急上昇し、脱サラが現実のものへと近づいた。そして、2016年3月にはアメリカの売上だけで月商2万ドルに近づき、脱サラを決意した。

そして、脱サラすべく上司に退職の意思を申し出たところ、退職時期を先延ばしにされた。

参考記事:退職日を3か月延期された

退職時期を先延ばしにされた期間は非常に悶々としていたが、その間に大きく売り上げが下がってしまった。月商も半額になり、大量返品もあったことから赤字に転落した月もあった。

そのため、退職を申し出てから実際に退職する目では本当に脱サラしてからやっていけるのか非常に不安な時期もあった。

2日連続で日商3千ドルで月商2万ドル突破

2016年4月から7月までは物販ビジネスでの売上が減少してしまったが、2016年8月以降、売上は徐々に回復してきた。

そして、2016年10月末で実際に脱サラするわけではあるが、その後の2016年12月に売上が最高となった。

特に2日連続で日商3千ドルを達成し、月商では初めて2万ドルを突破した。

2016年4月以降、物販ビジネスでの売上が減少しどうなることかと思われたが、脱サラした直後はでき過ぎとも言えるスタートとなった。

今後も売上に当然波があることが予想される。そして、アマゾンのアカウント停止、競合の大量出現、売れる商品の製造停止など様々なリスクがある。

こういったリスクを回避しながら1日でも長く物販ビジネスで生き残りたいものである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める