失業保険はもちろん受給せず

Pocket

脱サラするときに会社の退職手続きで失業保険に関するものがあった。幅魔王は他の会社に転職するわけではなかったので、失業保険をもらえるかどうか一応調べてみた。しかし、結局は失業保険は受給しなかった。

自己都合の場合退職前給与の半分以上が3か月間もらえる失業保険

幅魔王は2016年に10年近く勤務した大手企業を退職し、脱サラすることになった。

他の会社への転職ではなく脱サラである。ということは要件を満たせば失業保険がもらえるはずである。退職手続きのときも離職票をもらうかどうかを聞かれたりした。

そういうこともあり、退職前から失業保険の受給要件について調べていた時があった。

まず失業保険でもらえる金額は退職前の給与の50~80%くらいらしい。そしてもらえる期間は自己都合の場合、3か月になる。

退職前の給与が高い人であれば、3か月の間何も働かなくても退職前の給与の50~80%ももらえるのでかなりおいしい制度ということもできる。

既に個人事業主の届け出をしていたので、失業保険は受給せず

もらえるものはもらっておこうと考え、幅魔王も退職前に失業保険について色々と調べていた時期があった。

しかし、結局は失業保険の受給は断念した。

というのもそもそも失業保険の受給要件を満たしていなかったからである。

幅魔王の場合、脱サラして個人事業として物販ビジネスをやっていくことが既に決まっていたし、在職中から副業で既にやっていた。このような場合、失業保険の受給要件には該当しない。

そして、退職する1年以上前に個人事業主の届け出を提出してしまっていた。証拠としても残ってしまっているため、仮に失業保険を受給してしまえば、不正受給として返還しなくてはならない。

さらに言えば、失業保険を受給するためにはハローワークに行って求職活動をしなければならないなど色々と面倒なことが多い。本当に職を探すつもりでいればいいのかもしれないが、個人事業をやるつもりなのにハローワークに行くのは気が引ける。

脱サラして個人事業をやるつもりであれば、全く準備ができていない場合は別として基本的に失業保険のことは考える必要はないことがよくわかった。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める