2016年の振り返りと2017年の展望

Pocket

2016年は3年以上目指し続けていた目標であった脱サラを実現することができた。過去になく非常大きな動きのあった1年であった。2017年はこれまで継続してきた物販ビジネスを今まで通り継続していきたい。

脱サラをついに実現した2016年

幅魔王は2013年にVBCの会員となり、3年以上物販ビジネスを継続してきた。最初は副業として小規模に物販をやっていたが、2014年12月に売上が急上昇した。そして、2016年1月には創業融資を獲得し、2016年3月にはついに脱サラを決意した。

退職を上司に申し入れてから退職日を先延ばしにされたものの、2016年10月に脱サラすることに成功した。

参考記事:退職日を3か月延期された

幅魔王は大手企業に入社して10年近く勤務し続けていたが、当然のことながら転職を一度も経験したことがなかった。転職どころか転勤も経験しておらず、脱サラというのは今までの人生の中で一番大きなイベントであるといっても過言ではない。

2016年は今までの人生の中でも非常に大きな変化があった1年と言えよう。

まずは専業として1年以上物販を継続すること

2016年11月以降、会社の収入はなくなり、物販を専業として進めていくことになった。

2017年はまず個人事業でやっている物販事業を法人化することを考えている。そして何よりも1年間物販を廃業せずに継続するということが当面の目標である。

新規創業した事業のほとんどが3年も持たずに廃業してしまうというのが日本の現実である。まずは何とか1年は生き残りたい。

2013年にVBCを活用した物販ビジネスを開始し、脱サラするまでに3年以上がかかった。もう二度と雇われの会社員には戻りたくない。そのためにもまずは長期にわたって続く物販ビジネスの礎を今年中に築き上げたい。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める