マックに代えて元を取れた人がどのくらいいるだろうか


100億円不動産王倶楽部では運営者がマックをPCとして使用していたこともあり、PCをウィンドウズからマックに代える人が続出した。幅魔王は結局ウィンドウズのままであるが果たしてマックに代えて元を取れた人がどれくらいいるのだろうか?

結局マックには代えずウィンドウズのまま

幅魔王は2013年に脱サラをすべく100億円不動産王俱楽部に入会した。100億円不動産王倶楽部はブログなどの情報系のビジネスで原資を稼ぎ、海外不動産を購入して100億円の資産を築くことを目的として発足した組織である。

100億円不動産王倶楽部の当時の運営者はマックをPCとして使用していた。そして、マックのほうがウィンドウズよりもいいということをしきりに主張していたため、多くの人がマックのノートPCを購入していた。

100億円不動産王倶楽部のメンバーで集まるときはマックのノートPCを持っている人が多く、ウィンドウズの人は入りづらい雰囲気があった。

しかし、幅魔王は結局マックのPCは購入しなかった。というのもマックのPCを購入する場合、新品で買うと10万円以上する。今使っている自宅のPCも性能に問題があるわけではない。

自宅のノートPCは少々大きさが大きいため、持ち運びには不便ではあるものの幅魔王は基本的に自宅で作業をするため、あまりノートPCを持ち運ばない。

そのため、10万円以上もかけてマックのノートPCを購入するというモチベーションはなかった。そして何より「周りがマックにしているから自分もマックにする」という流行に合わせるという考え方が嫌いだったため結局幅魔王はマックのノートPCを購入することはなかった。

マックに代えて元を取れた人がどのくらいいるだろうか

100億円不動産王俱楽部はブログやFBなどの情報発信を活用したビジネスによって原資を稼ぎ、その原資を活用した海外不動産を購入するという趣旨のもとで発足した組織であった。

情報発信を活用したビジネスを軌道に乗せるべく、神ブロガーPJや平城式という組織も発足したが結果としてこれらのビジネスで稼げた人はほとんどおらず、立ち消え状態となりつつある。当の100億円不動産王俱楽部も毎週メルマガですでにFBにアップされている記事がコピーされて送信されてくるだけの状態になっており、ほぼ活動はなされていない。

一方で、幅魔王は100億円不動産王俱楽部に入会するのとほぼ同時期にVBCに入会し、物販ビジネスを開始した。その3年後の2016年に物販ビジネスが軌道に乗り、脱サラに成功した。幅魔王だけでなくVBCでは大きく稼げるようになったメンバーが続々と脱サラに成功している。100億円不動産王俱楽部や平城式で稼げるようになった人がほとんどいないのとは対照的である。

このようにブログ・SNSといった情報発信を基礎としたビジネスは物販ビジネスに比べて圧倒的に稼げないということが証明されてしまった。

幅魔王は稼げるようになった今もノートPCをマックに代える気はない。今のノートPCも古くなってきたが次もウィンドウズにしようと思っている。100億円不動産王俱楽部や平城式に入会してマックに代えて元を取れた人はどのくらいいるのだろうか?ほとんどいないことであろう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める