会社のために全力を尽くさなければならないという洗脳


幅魔王が会社を退職してから1か月後くらいに元同僚と飲みに行った。色々と過去の仕事の話で盛り上がったがやはり会社員というのは会社のために全力を尽くさなければならないというように洗脳されているようだ。

客観的に100%でなくてもよいが主観的には100%でやるのが正しいらしい

幅魔王は2016年10月に10年近く勤務した大手企業を退職し、脱サラしたわけであるが、その1か月後に元同僚と飲みに行く機会があった。

もちろん脱サラ後にどのような生活をしているのかという話にもなったが会社員時代にどういう経緯で脱サラに至ったのかという話にもなった。

その中で上司に「最初から100%のものを持ってこい」という無茶な要求をされたことについて話した。

参考記事:最初から100%のものを要求する上司

幅魔王はこの考え方は完全に間違っていると思ったが、それに対する元同僚の意見はまちまちであった。

さすがに「残業しないから100%のものができない」という上司の発言は間違っているという意見が多かった。しかし、「最初から客観的に100%のものを持っていく必要はないが、主観的に100の力で仕事をやるべきだ」という意見が多かった。

つまり、結果的に100%のものはできなくても仕事に対して全力で取り組むべきだというのが多数派の意見と言えよう。

会社のために全力を尽くさなければならないという洗脳

「仕事に対して全力で取り組むべき」という意見は一見正しく思えるかもしれない。仕事に対して全力で取り組まないということはどこかで手を抜いているからである。

しかし、「仕事に対して全力で取り組むべき」という考え方は会社員特有の洗脳を受けた考え方である。

というのも仕事というのはあくまで給料を得るための一手段にすぎない。仕事は人生の100%ではないし、仕事をすることが人生の目的ではないからである。

会社の仕事というのは給料を得るために最低限のことをすればいいのであって自分の人生を100%投げ打ってするものではない。

しかし、会社員生活が長くなればなるほど会社に洗脳され、会社のために自分の人生100%を捧げることが正しいと思い込んでしまう。そうなる前に脱サラに向けて動き始めることが賢明であることは言うまでもない。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める