VBCがフランス仕入れを開始

Pocket

VBCはもともと中国からの仕入れを代行する業者であった。しかし、2016年になってからフランス仕入れも開始した。フランス仕入れをうまく使えば、ブランド品を半額以下で仕入れることができる。

VBCがフランス仕入れを開始

幅魔王は2013年にVBCの会員となり、物販ビジネスを開始した。

VBCは元々GBC(グローバルバックオフィスチャイナ)という会社であり、その名の通り中国にオフィスを持つ会社であった。そして、中国からの仕入れ代行を主な業務としていた。

幅魔王もこれを活用し、中国で仕入れた商品を日本だけでなくアメリカやカナダに販売するというビジネスで脱サラするのに成功した。

そのような中、2016年にGBCがVBCとして新たに生まれ変わり、中国だけでなくフランスからの仕入れも開始した。

幅魔王も中国からの仕入れだけで十分すぎるほどの売上を上げていたので、半年近くフランス仕入れを利用していなかったが、リスクの分散のためにフランス仕入れの活用を検討している。

ブランド品を半額以下で仕入れることが可能に

フランスの仕入れは主にフランスのアウトレットモールを活用する。

アウトレットモールでの仕入れは通常のECサイトからの仕入れと違って、在庫数が潤沢にない。そのため、無在庫販売というのは難しい。また、納期が遅く、購入依頼をしてから2週間~1か月程度待たされることも多い。

そのため、フランス仕入れの活用はなかなかハードルが高い。

一方でフランス仕入れはブランド品を半額以下で仕入れることができる。中国輸入の場合、偽物が多いため、ブランド品を仕入れるのは非常に危険である。しかし、フランス仕入れの場合は偽物の心配がないため、ブランド品を安く仕入れることが可能である。

ブランド品は当然のことながら単価が高い。そして、認知されていない商品と違って適正な価格に設定すれば売れ残る可能性は低い。

フランス仕入れは在庫や納期の問題はあるが、うまく活用すれば中国仕入れと違った販路で高い価格帯・利益率での販売が可能となりそうだ。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める