メルカリマスターズクラブで結果を出す人が続出

Pocket

2016年7月にVBCでメルカリマスターズクラブが発足した。幅魔王はなかなか波に乗り切れていない部分もあるが、メンバーの日報を見ていると結果を出している人が続出しているようだ。

メルカリマスターズクラブが発足

幅魔王は2013年7月よりVBCの会員となり、3年以上物販ビジネスを継続している。

物販ビジネスのほとんどの販路はアマゾンであったが、2016年8月に日本のアマゾンのアカウントが停止になってしまった。

アマゾン以外に販路を分散し、リスクヘッジをしたいと考えていた矢先にVBCでメルカリマスターズクラブが発足した。

メルカリマスターズクラブは、メルカリを活用した物販の基礎を勉強できる組織である。メンバーは日報を提出するとコメントをもらうことができる。

各メンバーの日報はSNSで共有されるため、各メンバーの売上や利益がどのくらいかがわかることができる。そして、物販に関する情報を共有することによってメルカリで加速度的に稼ぐことが狙いである。

メルカリマスターズクラブで結果を出す人が続出

メルカリマスターズクラブの各メンバーの日報を読んでいると結果を出すメンバーが続出していることがわかる。

日報を書いているメンバーで一番売上が低いのが幅魔王であるから如何にメルカリマスターズクラブで結果が出やすいかがわかる。

結果が出ていない幅魔王ですらメルカリマスターズクラブに入会した次の月に月商10万円近くまで到達した。多くのメンバーは入会した次の月に月商10万円に到達してしまっている。

幅魔王が梱包・発送などを外注しているために利益率が低いが外注を使っていないメンバーは5割近い利益率を出している。

VBCで稼げた人を聞いたことがない」という言葉をかつてよく耳にしたが、メルカリマスターズクラブで実際に多くのメンバーが結果を出している。「VBCでは稼げない」というのはたわごとに過ぎないことがよくわかる。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める