集団に溶け込めないほうが1人でいるよりも孤独

Pocket

結婚しないと老後に寂しい思いをするという理由で結婚を焦らせる人がいる。しかし、幅魔王は家で1人でいても大して孤独感を感じない。むしろ集団にいて集団に溶け込めないときのほうが孤独感を感じる。結婚して家族の中で仲間外れにされたら感じる孤独感は半端ないであろう。

何も考えずに結婚すると会社に縛られる方向に進む

幅魔王の脱サラが職場に周知され、職場内で送別会が開かれた。幅魔王の2個上の先輩が幅魔王の今後をうらやんでいたのが印象的であった。その時、先輩が漏らした言葉がある。

「最近幸せって何だろうなと思うことがある。」という言葉である。

その先輩は結婚し、最近子供ができて、近々マイホームを買うつもりとのことである。大手企業に勤務し、年収ももう少しで1000万円に到達する。上司からも見込まれ、次の課長候補とまで言われている。

世間一般から見ればその先輩は、独身で大手企業から脱サラして不安定な道に進む幅魔王に比べて幸せと思えるかもしれない。

しかし、結婚して子供ができてマイホームを買ってしまうと出費が増えてもはや脱サラどころではなくなってしまう。定年まで会社に縛られるコースへ進むことがほぼ決定している。

脱サラした幅魔王から見れば、そのような道に進むことは決して幸せとは言えない。

集団に溶け込めないほうが1人でいるよりも孤独

結婚して子供がいればそれだけで幸せだと思う人もいるかもしれない。幅魔王も周りから結婚しないと老後が寂しくなるという理由で結婚を焦るように促されたこともよくあった。

しかし、結婚すれば老後寂しくならないのだろうか?

そうは思わない。孤独感というのは1人でいるよりも集団に溶け込めないときのほうが強く感じるからである。

幅魔王は大手企業に勤務しながら脱サラするという道を選んだ。大衆と真逆の考え方をしているといっても過言ではない。ということはどのコミュニティに所属しても集団に溶け込めないことが多かった。

集団に溶け込めずに何も発言できずにいると強い孤独感を感じる。一方で、1人に家にいて自分の好きなことをしていると大して孤独感を感じない。

もし、自分と合わない人と結婚して、自分と考え方が相いれない子供ができて、家族の中で孤立したらそれで感じる孤独感は半端ないものとなるだろう。

焦って自分と合わない人と結婚をしてしまうと、生涯独身よりもずっと大きな孤独感を感じる可能性があることを肝に銘じておく必要がある。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める