結婚を焦るのは勝手だがわざわざ人を騙さないでほしい


幅魔王が脱サラする2年前のことであるが、ある人に合コンの幹事を頼まれて合コンをしたことがあった。幅魔王自身脱サラ>>>結婚の優先順位ではあったが、1人の女性参加者に非常に不愉快なことをされた。もうそれ以降2度と合コンの幹事はやりたくないと思うようになった。

ご一緒したいのに資格試験の勉強が優先?

幅魔王が脱サラする2年前の2014年4月にある女性から頼まれ、合コンの幹事をすることになった。幅魔王もこれまで何度か合コンを開催することがあったが、その時は、20年くらいの付き合いの高校の同級生を2人誘って合コンを開催した。

その時、参加者の1人のA子という女性と帰りが一緒になった。そして、帰り際に家も近いので~駅あたりでもしよければ会いましょうとA子に言われた。そして、次の日に幹事同士で連絡先を好感したのちに「またご一緒したい」というメールが来た。帰り際にA子が発した言葉は社交辞令ではなかったことがわかった。

幅魔王自身脱サラ>>>結婚の優先順位だったため、当時は自分からはアプローチはあまりしないスタンスであった。しかし、相手は30代前半でそこそこルックスもいい女性だったので、A子と関係を深めていけば気持ちも高ぶり脱サラの励みになるであろうと考えた。

A子のメールにその日のうちに快くOKの回答をだした。

しかし、その回答の後にA子からの返答が来ない。こちらから会う日程を設定しなければいけないのかと思い、2日後にA子にいつ頃お会いするのか催促のメールを出した。

そうしたところ、A子から資格試験の勉強があるので、~日の週にしてほしいという回答があった。

1か月くらい先の日程を指定されたのでおかしいと思ったが、A子のほうから誘ってきたことと具体的な日程を指定してきたこともあり、会う気はあるのだと思っていた。

そこで幅魔王は具体的な日程を指定し、会う約束をして楽しみにその日を待っていた。

参加者M君のメールで地獄に突き落とされる

A子と会う日が近づき、そろそろ詳細を決めようとA子にメールを送ろうとしている矢先であった。合コンに呼んだM君からメールがあった。そのメールを読んだ瞬間幅魔王は怒りとショックで身動きが取れなくなってしまった。

「幅魔王君がこの前の合コンで読んでくれたA子さんとお付き合いすることになりました。お礼を言いたくてメールしました。」

M君は中学時代からの20年来の仲であり、ものすごくまじめな人間である。おそらくM君には全く悪気はなく、幅魔王とA子が約束していることなど知らずにA子と付き合ったのであろう。

100%悪いのはA子である。さすがにA子は幅魔王に申し訳ないと思ったのか、M君を通して次のような連絡があった。

「お礼としてA子と合コンを開こうと思うけどどうかな?」

A子は2人で会う約束を踏みにじったのである。なぜ2人で会う約束を踏みにじっておいてまた合コンに逆戻りするのだろうか?

幅魔王は非常に腹立たしかったが、M君にはおそらく悪気はない。怒りを抑えながら、M君に「A子と会う予定だったのだからA子を別の女性に代えて埋め合わせをしてほしい」というメールを送った。

そうしたところ、A子から親友のB子を紹介するというメールが来た。A子からは「以前よりお約束いただいていたのにごめんなさい」という謝罪の文面はあったものの、「人をここまであからさまに騙しておいてそれだけではすまされないだろ」という思いでいっぱいであった。しかし、B子を紹介してくれるということで、A子には何も文句を言わず、B子と会う日を待つことにした。

シングルマザーB子の言葉に唖然

A子にあからさまに騙された幅魔王であったが、本来A子と会うはずの予定がB子に入れ替わっただけと考えれば、ダメージは大きくない。そう考えて、B子と会う日を待っていた。

初対面の印象としてB子もルックスも性格も問題のない女性であった。しかし、会って話を進めていくとB子がシングルマザーであることを知らされる。

シングルマザーを差別する気はないが、シングルマザーを紹介するのであれば、なぜA子は事前に言わなかったのだろうか?他人を騙して自分はM君と付き合っていたのだからなおさらである。「シングルマザーでもいいですか?」のひとことぐらい言ってほしいものである。

幅魔王はそれ以降、B子との関係を継続する気はなかったがそれはシングルマザーであったからではない。B子のA子を擁護するような態度が気にくわなかったからである。

幅魔王はA子に騙されてその代わりとしてB子に会うことになったわけであるが、B子は当然そのことを知っていると思っていた。

そこでB子に事のいきさつを聞いたところ、驚くべき返事が返ってきた。

「A子とまた合コンやる予定だったんでしょ?」

幅魔王はA子と2人で会う約束をしており、A子と再び合コンをするなど頭にもなかった。再び合コンをするのであれば、こちらも何人呼ぶかを考えなければならないし、日程も合わせなくてはならない。そういった話はA子からまったくなかった。つまり、A子はB子にも事実を伝えずにごまかしていたことが明らかになった。

この状況に怒りを通り越して呆れてしまった幅魔王であるが、一応B子に真実を伝えた。しかし、B子から返ってきた言葉に幅魔王はまた怒りを覚えた。

「それは早く日程調整の連絡をしない幅魔王が悪いんでしょ」

確かにA子に2人で会うことを承諾するのと同時に日程調整のメールを送っていればこのようなことにならなかったかもしれない。しかし、承諾のメールはその日のうちに送ったのである。しかも、A子のほうから会いたいという連絡が来て日程まで決めたのである。どう考えても悪いのは人をわざわざ騙して、する必要もない約束をして、それを踏みにじったA子である。

A子は親友だからそれを擁護したいB子の気持ちも少しはわかる。しかし、今回の件は明らかにA子が悪い。犯罪レベルの悪質さと言える。このA子を擁護するB子を見て幅魔王は二度と会いたくないと思った。

結婚を焦るのは勝手だが人をわざわざ騙さないでほしい

なぜA子はここまで悪質なことをしたのだろうか?幅魔王のほうからアプローチしてM君と付き合ったのであれば、ショックではあるがA子に悪意はない。今回はA子のほうからご一緒したいというメールが来たから幅魔王は会う約束をしたのである。

幅魔王は脱サラ>>>結婚の優先順位であったため、A子からメールが来なければA子にあいさつのメールすら送っていなかったであろう。つまりA子は騙す必要のない幅魔王をわざわざ騙して陥れたのである。

後に冷静になってから推測するにおそらくA子は結婚に焦っていたからこんなことをやってしまったのではないだろか?幅魔王とM君の両方に合いたいというメールを送り、先にメールが返ってきたほうと会おうと考えていたのかもしれない。結婚を焦っている人であればそういうこともやりかねない。

だとしても、わざわざ会う約束をして人を騙していいものなのだろうか?

こんなことをされた怒りとショックで幅魔王は仕事にも影響が出たことは否定できない。幅魔王の脱サラを決定的にした仕事のミスもこのころ起きたものである。

最終的に自らの首を絞めたA子

その後A子とM君がどうなったのかはっきりとは聞いていない。しかし、それから2年経過した今でもM君が独身で出会いを求めていることから見るとどうやら別れたようである。30代で付き合って1年以内に結婚の話がでなければ別れたとみるのが妥当であろう。

というかもしA子とM君が結婚することになったらどうするつもりだったのだろうか?

合コンの幹事をしていた幅魔王には2人の紹介者として当然報告するのが義理であろう。しかし、A子はその紹介者を騙してM君と付き合ったのである。幅魔王ももし結婚式の招待が来たら「人を騙すような人の結婚式には行けない」と言ってやりたかったくらいである。

となるとA子とM君の立場にしれ見れば、このまま結婚しても遺恨が残ることは間違いない。そう思い、A子とM君は別れた可能性が高い。

この件で幅魔王は大きな怒りとショックを感じた。しかし、結果としてM君と別れざるを得なくなり、無駄な時間を過ごし、自らの首を絞めたのはA子のほうではないだろうか?

幅魔王もA子には騙され、一時的には精神的に翻弄された。しかし、こんな悪質なことをする人と付き合わなくて結果としてよかったのかもしれない。その2年後には見事脱サラをすることができた。これからは潤沢な時間を使ってじっくりと出会いを探していこうと思う。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める