大きなプロジェクトに関われるのは喜びなのか

Pocket

大企業の魅力の1つとして大きなプロジェクトに関われるというものがある。果たして大きなプロジェクトに関われるのは喜びなのだろうか?

大きなプロジェクトに関われるから大企業にいたいのか

幅魔王は誰もが名前を知っている大企業に入社し、入社10年目にして脱サラした。

定年まで待たないどころか、10年も持たずに大企業を辞めてしまったわけである。その一方で、3年以内に大企業を辞める人がいる中で、10年近くも大企業に居座り続けたともいえる。

なぜ10年近くも大企業にいることができたのだろうか?

安定収入と福利厚生が魅力的だったからである。

大企業にそれ以外の魅力はないのだろうか?

大企業のブランド力というものは確かにある。大企業に勤務していれば、融資を受けやすいし、クレジットカードも作りやすい。これは一理ある。

よく言われている大企業の魅力の1つとして、大きなプロジェクトに関われることができるというものがある。

しかし、幅魔王はこれは大企業の魅力とは思っていない。

できるだけ大きな仕事に関わりたくなかった

幅魔王は大企業の会社員時代、大きなプロジェクトに関われることが魅力と感じていなかったどころか、大きなプロジェクトには関わりたくなかった。

大きな仕事ができるというのは一見して、それを達成した時の達成感が大きいものと考えられる。

しかし、大きな仕事であるほどかかわる人数が多くなり、自分に与えられる権限は少なくなる。当然、自分の意見は通らなくなる。仕事が大きくなればなるほど自分という歯車はどんどん小さくなる。

仕事が大きくなればなるほどやらされ仕事感は大きくなる。

そして、仕事が大きくなればなるほど、ミスをしてしまったときの影響度は大きい。関わる人数が多くなるため、達成感は小さくなる一方で、自分のミスで問題を起こしてしまったときは会社に与える影響度は大きくなる。

もちろん関わる人数が多くなるということは責任も小さくなるわけではあるが、そうは言っても大きな仕事で失敗したダメージというのは非常に大きい。

大きな仕事を任せられるということはハイリスクローリターンな仕事を任されたに等しい。

他にも会社の上層部の人と関わらなければいけなかったり、仕事量が増えるというデメリットもある。出世したいと考えている人間にとってはメリットかもしれないが、出世したくない幅魔王にとってこれはデメリットでしかない。

大きなプロジェクトに関われることを喜びと感じている人の神経がよくわからないというのが正直な感想である。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める