東大出て大手企業に入社したが出世には興味がなかった

Pocket

東大卒というと世間から見れば、大手企業に進んで出世するというイメージかもしれない。しかし、幅魔王は出世どころか脱サラし、全く学歴に関係ない世界に進んだ。

東大卒は出世するという間違ったイメージ

幅魔王は中高一貫の進学校を経て、東大に進んだ。東大の中にいると付き合う人間も東大生がほとんどになる。だから、世間が自分に対してどのようなイメージを持っているのかというのはあまり実感がなかった。

しかし、東大を出て会社に入社すると、東大卒ということでそれなりに異質な人間であったかのように見られる。

どうやら東大卒というのは出世するというイメージを持たれているらしい。

会社の同じ部署の同期の中では東大出身は自分だけであった。そのため、同期からも将来の幹部候補と入社当初から言われていた。

しかし、学歴があったからと言って出世するのだろうか?

学歴はあくまで筆記試験の結果に過ぎない。一方で、出世というのはリーダーシップとかマネージメント能力が高い人間がするものである。

筆記試験の能力とマネージメント能力はそれほど相関関係は高くないのではないだろうか?だから幅魔王は東大卒が出世しやすいというのは間違ったイメージと思っていた。

東大出て大手企業に入社したが出世には興味がなかった

当の幅魔王は東大卒ながら大手企業で出世を目指すどころか、脱サラするという真逆の道へ行ってしまった。

脱サラした幅魔王であるが、入社してから5年間は定年まで会社にいようと思っていた。

参考記事:定年まで会社にいようと思っていた最初の5年

定年まで会社にいようと思っていた一方で、出世には入社当初から興味がなかった。というよりも絶対に出世したくないと思っていた。

幅魔王が入社した当初の部署には部下のいない課長相当職というのが多くいた。課長よりは給料は低いものの、それなりの給料をもらいながら担当者と同じ仕事をしている人である。幅魔王はこのポジションが楽でそれなりに給料をもらえると思っていたので、将来はこのポジションになりたいと思っていた。

しかし、入社して5年が経過すると、50代、そして40代のこういったポジションの人が次から次へと関連会社に左遷されていった。これを機に幅魔王は部下のいない課長相当職を目指すことを諦め、脱サラを目指すようになったのである。

いずれにせよ東大卒の幅魔王は出世には全く興味がなかった。東大卒が出世するといったことは間違ったイメージだし、ましてや東大卒であっても絶対に出世したくないという人間もいるということである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める